houreisen2

一朝一夕では得られないフェイシャルエステの効果

フェイシャルエステも全身のエステも、根っこの部分は同じものです。

温めて血行をよくしたり、マッサージでコリをほぐしたり、美容成分たっぷりのジェルで肌に力を与えながら、美しさを取り戻すプロセスがエステの中には存在しています。

ボディに対して行うか顔に対して行うかの違いしか、そこにはありません。

 

フェイシャルエステの効果の一つに、ほうれい線を薄くするというものがあります。

これは顔の筋肉を刺激し引き上げる力を呼び起こして、リフトアップさせることで状態を作り出すものです。

 

同時に肌を保湿し、みずみずしさとハリを与えることで、年月によってたるみを見せるようになったほほの肉は上がり、刻まれていたほうれい線はそのしわの維持ができなくなって消えるという仕組みがそこにはあります。

 

マッサージと高保湿ケアによって、ほほの内側と外側が一時的に力を取り戻しただけなので、筋肉への指示が途絶え水分が失われると、またほうれい線は元の位置に戻ってきます。

フェイシャルエステで得られる効果は即効性がありますが、それが失われるのも早いため、続けて通っていかなければ取り戻した美しさを維持することができません。

 

マッサージをしなくてもジェルを塗らなくてもよいぐらいに、肌質が自体が向上するのは、何度かフェイシャルエステを受けて肌が真の復活を遂げてからのことです。

体験サービスを一度受けるぐらいでは、一生分の品質は手に入りません。

 

体験サービスでその効果を体感した後には、継続して通っていくエステを一つ決めて、完全な復活を狙うのがフェイシャルエステの正しい使い方です。